数理最適化コンサルティング・開発

ビープラウドでは、Pythonと関連ライブラリを用いた数理最適化で、ビジネスや社会課題に対する意思決定に数学的にアプローチします。数理最適化による意思決定のシステムは、構築と検証を繰り返して有効性を上げていきます。システムの実装に優れたPythonを用いると、PoC(概念実証)を回しやすく、お客様の意思決定をより効果的にサポートします。また、PythonでのWeb/機械学習システム開発の知見を生かして、複数のシステムと連携した開発も可能です。

数理最適化とは

数理最適化とは、様々な業務における人員、予算、資材などのリソースの上限や制限に応じた最適な意思決定を求めるための手法です。高度情報化社会における膨大なデータを活用し、ビジネスや社会の課題を数学的に解決します。
例えば、運送経路の見直しによるコストの最小化、決められた貨物量とコンテナの大きさに対応する積載量の最大化、リソースの最適なスケジューリングによる生産性向上など、身近な分野でも利用されています。

主な使用技術

開発手法 線形最適化、組合せ最適化、チケット駆動開発、アジャイル開発
OS LinuxmacOSWindows
プログラミング言語 Python
利用ライブラリー Python-MIPOR-ToolsNumPypandasscikit-learnMatplotlibPuLP

数理最適化事例

観測衛星の運用最適化

PuLPpandasNumPyMatplotlib

複数の衛星・観測地点・地上局が存在する中で、衛星運用の制約条件・目的関数をモデル化し、最適な運用を求めるプログラムを作成、性能評価を行う。

荷物収集の経路最適化

OR-ToolspandasNumPyDjango

荷物を収集する複数の車両やルート、交通条件が存在する中で、総移動距離が最小になるようなシステムを作成し、性能評価を行う。既存のプロトタイプをお客様の現場で利用できるように改修し、システム化。

システム開発のご依頼・ご相談

お問い合わせ